公募研究:令和4年度学術変革領域研究(A)

ジオラマ環境を用いたサンゴ共生藻と宿主との共生クロストークアルゴリズムの理解

研究代表者
丸山 真一朗(東北大学大学院生命科学研究科)

褐虫藻は単細胞の海洋性渦鞭毛藻であり、刺胞動物等と細胞内共生を営むことで、サンゴ礁生態系を支える一次生産者としても重要な生態学的役割を果たしていますが、褐虫藻のどのような行動原理が共生の開始や成立に寄与しているのかについてはよく分かっていません。本研究では、宿主との相互作用を想定したジオラマ環境実験系を構築し、褐虫藻が環境変動に応答してどのように遊泳行動を変化させるのかを明らかにします。また、細胞の原生知能としての共生体による環境応答機構と、宿主による体内生理応答とが呼応することで、どのようなクロストークが起こり、それがどのようにして共生へと結び付いたのかを解析し、共生関係の背後にあるアルゴリズムの理解を目指します。

ジオラマ環境を用いたサンゴ共生藻と宿主との共生クロストークアルゴリズムの理解

令和4年度公募研究に戻る

ページトップへ