公募研究

令和4年度学術変革領域研究(A)(公募研究)

  • 遊泳微生物集団が見せるジオラマ環境への自律応答現象の測定と機構解明

    研究代表者
    市川 正敏(京都大学 理学研究科)
    Detail
  • 機械モデルと細胞観察でひもとくストレスファイバ回転の力学

    研究代表者
    岩楯 好昭(山口大学理学部)
    Detail
  • 数理モデル生成アルゴリズムの提案による生物の行動様式の多様性と普遍性の探究

    研究代表者
    上田 肇一(富山大学学術研究部理学系)
    Detail
  • 機械学習によるネグレリアグルベリの走化性および走触性応答の同時推定

    研究代表者
    上道 雅仁(東京大学大学院総合文化研究科 広域科学専攻)
    Detail
  • 人の主観評価に基づくグラフで表現される架空粘菌の知的な振舞い生成

    研究代表者
    大西 圭(九州工業大学)
    Detail
  • 鉛直環境における遊泳微細藻類の行動学

    研究代表者
    鹿毛 あずさ(学習院大学理学部物理学科)
    Detail
  • 生物由来材料と数理モデルから探るジオラマ3次元地形との相互作用による細胞知能

    研究代表者
    杉原 圭(九州大学大学院医学研究院)
    Detail
  • 粘菌輸送管ネットワークによるジオラマ環境学習形式の探求

    研究代表者
    高松 敦子(早稲田大学 理工学術院)
    Detail
  • 花器官ジオラマ環境の理解による花粉管細胞の制御アルゴリズムの解明

    研究代表者
    武内 秀憲(名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所)
    Detail
  • ソフトロボット培地

    研究代表者
    津守 不二夫(九州大学大学院工学研究院)
    Detail
  • ジオラマ環境下での自由遊泳下ゾウリムシ膜電位の光学計測で解析する原生知能

    研究代表者
    冨永 貴志(徳島文理大学神経科学研究所/香川薬学部)
    Detail
  • 緑藻精子の集団-独立体制転換に伴う運動変化の基盤解明

    研究代表者
    豊岡 博子(法政大学 生命科学部 生命機能学科)
    Detail
  • トキソプラズマにおける寄生環境適応能力の細胞生物学的解析

    研究代表者
    永宗 喜三郎(国立感染症研究所 寄生動物部)
    Detail
  • 熱水噴出孔のジオラマ再現と極限環境微生物の生存戦略ストラテジー

    研究代表者
    西山 雅祥(近畿大学 理工学部)
    Detail
  • 繊毛がもつ原生知能としてのサイズ認知機構の解明

    研究代表者
    野田 直紀(日本大学・医学部・一般教育・医系自然科学(生物学))
    Detail
  • ジオラマ環境下における有殻アメーバの被殻構築行動解析

    研究代表者
    野村 真未(山形大学)
    Detail
  • 海洋ゴミによる水生プランクトン走光性逆転の神経基盤と生態系へのインパクト

    研究代表者
    広橋 教貴(島根大学生命科学科)
    Detail
  • ジオラマ環境における菌糸体ネットワークの知的行動アルゴリズムの解明

    研究代表者
    深澤 遊(東北大学大学院農学研究科)
    Detail
  • ジオラマ環境を用いたサンゴ共生藻と宿主との共生クロストークアルゴリズムの理解

    研究代表者
    丸山 真一朗(東北大学大学院生命科学研究科)
    Detail
  • 環境因子によって覚醒する単細胞生物の温度に対する行動の研究

    研究代表者
    吉村 建二郎(芝浦工業大学システム理工学部機械制御システム学科)
    Detail
  • ジオラマ環境で検証する藻類光走性の意義と鍵遺伝子の機能

    研究代表者
    若林 憲一(東京工業大学科学技術創成研究院化学生命科学研究所)
    Detail

ページトップへ