ジオラマ行動班(A01-1)

ジオラマおよびパノラマ環境で有害赤潮藻の日周鉛直運動を調査している紫加田と、卵に向かって方向変換する精子の鞭毛運動を研究している柴で構成されています。必要に応じて公募研究を含めた他班に実験データを供給する役割を担います。

研究課題名

ジオラマ・パノラマ環境下における有害赤潮藻の集積アルゴリズムの解明

海洋において微細藻の大増殖と集積によって形成される赤潮は、水産業などに多大な悪影響を及ぼします。本研究では、赤潮被害軽減に必要となる精緻な発生予測技術の開発に向けて、現在ブラックボックスとなっている赤潮藻の集積過程について、生物学的要因と物理的要因の両面からアプローチし、解明します。室内における赤潮藻の培養実験により、運動パラメータ(移動速度など)と生理パラメータ(光合成活性など)から成る日周鉛直移動アルゴリズムを構築します。また、海洋物理モデルに日周鉛直移動アルゴリズムを組み込んだ赤潮動態モデルを構築します。さらに、大量に蓄積されたあるいは新たに取得する実環境データを用いて、赤潮動態モデルを検証します。

ジオラマ行動班(A01-1)ジオラマ行動班(A01-1)

実環境中(八代海)で赤潮原因渦鞭毛藻Karenia mikimotoi(写真)は規則正しい日周鉛直移動を示し、
昼間光合成に最適な光強度の深度層に集積する。

ジオラマ行動班(A01-1)ジオラマ行動班(A01-1)

赤潮原因ラフィド藻Chattonella antiquaは青色光から逃げるが、緑~橙色の光が混じると、その逃避行動が消失する。
この行動の生理生態学的意義は不明。

movie

ジオラマ行動班(A01-1)
メンバー

紫加田 知幸

水産研究・教育機構水産技術研究所 主任研究員
紫加田 知幸

2009年九州大学大学院生物資源環境科学府修了(博士(農学))
熊本県立大学研究室助手、日本学術振興会特別研究員(PD)、水産研究・教育機構任期付研究員、研究員を経て現職
専門は海産微細藻類の生理生態学

研究室HP

西山 佳孝

分担者①

埼玉大学
大学院理工学研究科
教授 西山 佳孝

研究室HP

鬼塚  剛

分担者②

水産研究・教育機構
水産技術研究所
グループ長
鬼塚 剛

研究室HP

青木 一弘

分担者③

水産研究・教育機構
水産資源研究所
主任研究員
青木 一弘

researchmap

吉川  裕

分担者④

京都大学大学院
理学研究科
教授 吉川 裕

研究室HP

北辻 さほ

分担者⑤

水産研究・教育機構
水産技術研究所
主任研究員
北辻 さほ

研究室HP

湯浅 光貴

分担者⑥

水産研究・教育機構
水産技術研究所
任期付研究員
湯浅 光貴

researchmap

杉松 宏一

分担者⑦

水産技術研究所
沿岸生態システム部
有明海八代海G
主任研究員
杉松 宏一

研究室HP

内山 郁夫

分担者⑧

基礎生物学研究所
准教授
内山 郁夫

研究室HP

ページトップへ