10億年前の原生的知能から新領域を見出す~ジオラマ行動力学

研究領域の目的と背景

 本領域では、細胞レベルで発現する巧みな環境・状況適応能力(ここではこれを原生知能と呼ぶ)を探索し、その能力を力学モデルで書き下すことを目的としています。そのための方法論として、「ジオラマ行動学」と「環境連成力学」を確立し、それを基盤とした新規学術領域「ジオラマ行動力学」の創出を目指します。これにより、原生知能の仕組みが明らかになることが期待されます。また、微生物行動の予測と制御の技術が進み、パノラマ環境(自然環境)で展開する健康問題や環境問題の克服に資する知見を提供することも期待できます。

 微細藻類による環境赤潮と精子による生殖、卓越した新規細胞行動の探索の3つに焦点を絞り、ジオラマ行動力学の有効性を検証してまいります。

北海道大学
電子科学研究所 教授
領域代表 中垣 俊之

Movie

総括班メンバー

生物流体力学の学理
active soft matterの学理

京都大学
数理解析研究所
准教授 石本 健太

Movie

東北大学 大学院
医工学研究科
教授 石川 拓司

Movie

広島大学 大学院
統合生命科学研究科
教授 飯間 信

Movie

環境赤潮の
学際研究

水産技術研究所
主任研究員
紫加田 知幸

Movie

精子運動の
細胞生物学

筑波大学
生命環境系
助教 柴 小菊

Movie

最先端の
細胞計測・操作技術

東北大学 大学院
工学研究科
准教授 菊地 謙次

Movie

東京農工大学
工学系研究科
准教授 篠原 恭介

Movie

原生知能の
探究

北海道大学
電子科学研究所 教授
領域代表 中垣 俊之

Movie

ピックアップPickup

【2022.11.05~06開催】
国内最大級の科学イベント「サイエンスアゴラ2022」にB02-1班中垣教授の研究室とジオラマ行動力学の共催で出展いたします(企画番号406)。

新着情報Information

  • ALL
  • News
  • イベント
  • 活動報告
  • 業績
  • 一覧 >>

ページトップへ